2011年09月28日

The Living Legend

75thBirthdayCelebration.jpg


Quincy Jones、Herbie Hancock、Toots Thielemans、そしてDVDには登場しないけどPrinceにStevie Wonder・・・。

縁起でもないけど、万一彼らがこの世から去ってしまったら、いったい誰があんなに素晴らしいプロデュースを、タメがたっぷり効いたピアノを、リリカルで世界一優しいハーモニカを、そして革新的なFunkと世界一美しいメロディを書くことを引き継いで行くんだろう、なんて考えてしまった。

HerbieはもしかしたらPatrice RushenがそのGrooveを受け継いでくれるかもしれない、でもQuincyにTootsおじいちゃんは後釜がどうしたって思い浮かばない。もしかしたら、Brian McKnightがQuincyの魂を受け継いでくれそうな感じもするけど、でもちょっと違うよな〜。


音楽に良いも悪いもないだろうけど、質の違いは明確に存在する。ここに記録されている音楽は、いずれも人間の素晴らしさを否が応でも教えてくれる、本当にプレミアムな音楽。

少なくとも音楽をプレイする人間にはジャンルを問わず観てもらいたい一枚です。
YopuTubeでも一部が公開されているので紹介します。





これこそが音楽。素晴らしい。


posted by Slow Jam at 02:00| 東京 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クインシー本人も「トゥーツ、永遠に死なないでくれ」とかなんとかベスト盤のライナーに書いてませんでしたっけ。トゥーツのハーモニカは世界的財産ですね。

あとはSlow Jamさんが書かれているとおり!一言一句全部同意です!
Posted by はっとりあきのり at 2011年09月28日 08:18
共感頂いてうれしいです。このDVD、安いですし、2枚組でお買い得なので、是非ご覧になって下さい。おすすめです。惜しむらくはIvan LnsのSetembroが未収録なんですね。YouTubeには上がっているのに。
Posted by Slow Jam at 2011年09月28日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。