2010年11月28日

What R U looking 4?

easter_peep.gif

maybe it's only money.


posted by Slow Jam at 14:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

Welcome back again!

M1.jpg
posted by Slow Jam at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

KORGのおもしろいデバイス

KORGがおもしろいデバイスを発売するらしい。その名も"SOUND on SOUND"

SOS.jpg


簡単にいってしまえば、多重録音が出来るレコーダーなんだけど、これさえあれば、長年思っていたことが実現しそうな予感。

私、お恥ずかしいことに一人でいるときは結構歌っちゃうんですよね。歌う中身は流行の歌とか知らないから適当に歌うんです。そうすると、時々なかなか良さそうなリードとかを思いついたりするんです。こうなると頭の中でドラムパートとかベースパートとかを考えながら歌っちゃうんです。

しかし、近年の記憶力低下に伴い、そんな思いつきのリードなんて10分後には忘れちゃうんですよね。しかし、これさえあれば記憶ではなくて記録に留められるんですね。

欲しいな〜。お金あるかな〜?
posted by Slow Jam at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

Rhodes MK7日本でも販売開始

Rhodes Mk7。ついに日本でも販売に至った模様。山野楽器 Good Job!!!

Rhodes-MK7.jpg


ちょっと、いやかな〜り高いですね(苦笑)。手作りだからしょうがないのか。どうせ買うならやっぱり73Keysだよなー。68万って高いなー。買えないなー、こりゃ。

posted by Slow Jam at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノ

昨晩、久しぶりにピアノを弾いた。思いっきり下手になってて愕然としたけど、なんだか楽しかったな。私のやりたいことってやっぱり音楽なんだろうな。

とぼやいてみる。
posted by Slow Jam at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

ピアノと私

最近、弾いてないな。

この文面を打っている目の前には鍵盤があるのに・・・。

やっぱり忙しいっていうのは「自分を亡くす」のね。で、「自分」というのは「時間」でもあるんだな、と実感している真っ最中です。
posted by Slow Jam at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

真夜中の再インストール

ただいま、午前1時10分になろうかというところです。。

Mac Proをまたもや再インストール中です。Logic Proがいきなり起動しなくなりまして・・・。


Logic Pro、ようやくその概念を理解しつつあるところだったんですが、こうも不安定だと嫌になりますね。他の人はこれで満足なのでしょうか。再インストールしないでも何かのファイルを捨てるとかの対処でどうにかならないでしょうかねー。

今、DVD2枚目を読み込み中。残り5枚。今日は徹夜だなー。
posted by Slow Jam at 01:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

S5000 HDD逝く

最近はず〜っとLogicとPCIe-424に掛かりっきりで、ハードウェア音源にはかまっていられなかった。そして今日、拗ねてしまったかのようにAKAI S5000のHDDが飛んでしまった。

ガックリ。

S5000の音ってとにかく暴力的でファットで重宝してたんだけどな。その音ネタが飛んでしまったのが痛い。

ただ、残念ながらソフトウェア音源に押され気味な現在、出番が非常に少なくて、使うときはS3000XL等に入っていたサイン波をべース音として使うとき位。これだけは他には出せない存在感があったからね。

う〜む、一難去ってまた一難とはこのことか。とりあえず寝ます。
posted by Slow Jam at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

イライラPCIe-424

DVD-ROMを何枚もインストールするようなプラグインはもうセットアップしちゃったので、昨晩は複数のプラグイン起動とマルチアウトでの挙動をみてみようと思い、機材の電源を入れる。

しかし、昨日はまたまたAudiowireを認識してくれず、結局作業が出来ずじまい。

こりゃ困るよねー!

システムプロファイラを見る限りでは、Mac ProはPCIe-424は認識している模様。でも、肝心のPCIe-424が24I/Oと2408mkIIIを認識せず、24I/Oと2408mkIIIのフロントがずっと点滅している。

以前試したMac Proの電源ケーブルを抜いて30分程度放置しても今回は効果なく、この製品の代理店でもあるミューズテクスに以前聞いたPRAMクリアやPCIスロットの場所変更もダメ。

本当に困った・・・。

ということで、いまからミューズテクスに電話して聞いてみます。







電話してみました。

新しいカードを送るので試してみてくれ、とのこと。明日には届いちゃうらしい。ということで今週末はPCIe-424の動作検証決定です。
posted by Slow Jam at 10:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

BFD2

安定の兆しが見えるLogic Proに、たぶん私が所有するプラグインの中でも最もヘヴィ級と思われるBFD2をインストール。とりあえずマルチアウトではなくステレオで動作を試す。

すこぶる快調。

ピッコロスネアがカンカン鳴って、鍵盤ドラマーな私も思わずノリノリ。

結局のところ、何が原因で調子が悪かったのか、未だ分からず。もしかして食べ合わせが良くない食材があるように、同時利用すると不安定になるプラグインの相性ってあるんでしょうかね。
不安定だったときは、BFD2とStylus RMX、Kontaktで複数のパッチをマルチで立ち上げて、パッチを入れ替えるときに、レインボーなカーソルがくるくる回って帰ってこなくなっちゃったことが多かったんだけど、まだ深く検証できていないながらも、今回の安定度合いはなかなかのもの。

もしかしたらマルチアウトでたくさんパラッちゃうのが良くないのかな?

いや、やっぱMIDIoverLANなのかな?

それともプラグインの組み合わせ?

謎は未だ分からず・・・。
posted by Slow Jam at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

Logic Pro安定への兆し

この週末はMac Proの再インストールの繰り返しだった。試行錯誤をしてみたために、OSから三回くらい入れ直したからもう当分はコリゴリです。

現在のところ、以下のソフトウェアが入っています。

・OS
Logic Pro
Stylus RMX
Komplete 5
PCI-424 Driver
・Clockworks
MIDIoverLAN

まだ数時間程度しか使っていないけど、ここまでだと動作は安定。保存も問題なく出来る。MIDIoverLANのソフトウェア名称を勝手に変更したからなのか、以前はLogic Proを起動する度にMIDIoverLANのモニタも起動していたんだけど、今は起動してない。それでもPC側のソフトウェアとMIDIコミュニケーションが出来ているので問題なし。もしかしたらMIDIoverLANに問題があったのかな?

それから新たな問題が顕在化。PCIe-424が時折Audiowireを認識しないのです。この症状は実は以前からありまして、下手するとまる一日認識せず、作業が出来なかったこともありました。この原因は何だろう、とPCIeのスロットを変えてみたりしたものの変化なし。PRAMクリアをしてみてもあんまり影響ないみたい。試しに電源ケーブルを抜いて30分くらい放置してから試すと上手くいくことが判明。といってもまだ1回しか試してないんだけども・・・。

これ、PCIe-424が不良品なんだろうか。Audiowireは24I/Oと2408mkIIIの2台を使っているので、Audiowireの問題ではないと思うんだけどな。

今日はBFD2を入れてみます。
posted by Slow Jam at 09:43| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

イライラLogic Pro

ヲタクな話。

先日コメントを頂いたはっとりさんの励まし(?)もあって、昨晩は初めてオーバーダブをやってみた。BFD2を立ち上げ、最初はステップでレコーディングしようと思ったんだけど、マニュアルをみても良く分からないので、オーバーダブすればステップ入力なんかいらないだろう、とリアルタイムでレコーディングしてみる。

私のような鍵盤ドラマーは、ドラムの打ち込みが実はけっこう難しくて奥が深いことは知っているはず。しかし、昨日は奇跡的になかなかのGroove感が染み出ているHi-Hatが一発で打てた。

続いてキック、リムショットをオーバーダブで打つ。オーバーダブは再生するアタマをそろえて文字通り「重ねて」録音すればよかっただけなのね。本当は別のやり方があるんだろうけど、まあ結果オーライでよし。それでもエディタにHi-Hatのフレーズとかのデータが出てこない。なのに音は鳴っているという摩訶不思議な現象が発生。これも原因はなんてことなくて、単にデータが重なっていただけで、ちょっと試行錯誤しながらマージしておしまい。

そういえばクオンタイズの仕方がわからんなー、と思ったんだけど、このHi-Hatはキープしておくべきだろう、と決め、気分よくRhodesのサンプルを弾いてみる。これまたなかなかピースフルなコードプログレッションを偶然にも弾いてしまい、俄然ボルテージ上がってくる。RhodesLogic ProのオマケでついてるGuitar Amp Proをかまして、あま〜く歪むRhodesはやっぱ最高だな!と一人興奮状態。ベースを取り出して、ベースフレーズもなんとなくだけど固まってきて、お〜!こりゃまだまだイケるんじゃねーの!?と誤解をしながら、眠くなってきたので保存する。

前置きが長くなっちゃったけど、悲劇はこのときに起きた。

以前から続いている保存するときに落ちるエラー。これで全部パーですよ。せっかくウキウキしながらやってたのに、唯一無心になれて打ち込める楽しみなのに、あんなGroove感あるドラムなんてなかなか打ち込めないのに、どうして!?どうして!?

ベッドに横たわりながら考えた。こりゃやはり一切合財を再インストールするべきなのかと。ドラムのデータとかサンプリングのネタとか、とにかく大量のDVD-ROMをHDDに流しこむ作業はさすがに嫌気が差してしまう。再インストールにいったいどれくらいの時間がかかるんだろう?と思いながらも、今日みたいな悲しいことはもうイヤだ。今日から数日かかると思うけどもう一回再インストールします。
posted by Slow Jam at 10:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

Rhodes Electric Piano

やっぱ本物は良いね。弾く気にさせてくれます。今まで便宜上の問題でKontakt経由でScarbeeのサンプリング音を鳴らしていたんだけど、やっぱり本物に勝るものはないですな。Scarbeeのサンプルもなかなかの完成度なんだけどね。

ただ、ここで次なる壁が・・・。私はPOD Proを経由してRhodesの音を取り込んでいるんだけど、POD Proのセッティングがなかなか難しい。もともとギター用のアンプ・シミュレータだからしょうがないんだけどな。こういうときにピアノ弾きって困っちゃうんだな。

写真はなんだかんだで一番気に入ってるMk I。2006年6月11日に撮った写真。いまは部屋の雰囲気もずいぶん変えちゃったんだけどね。状態ももっとも良好。幸せ。
rhodes1.jpg

posted by Slow Jam at 00:20| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

Logic Studio使い始めて半年

かれこれ使い始めて半年が過ぎようとしていますが、未だにいろいろ分かりません。

もやもやしていて分からないことは以下の6つ。

・MIDIノートのオーバーダブの仕方が分からない
・保存ダイアログが出るとき、エラーで落ちる頻度が高い
・AU Instrumentの音を録音するときってどうするんだろう?
・Apple Loopsで元のテンポが速いものを遅くすると音がユラユラする
・マルチのAU InstrumentでMIDI Chを変えると、MixerがArrangeからAllになっちゃう
・ハードウェアMIDIデバイスの音色を登録したいんだけどどうするの?

全部マニュアルを読めば良いんでしょうけどね。とりあえず保存するときに落ちるのは痛いですよ。作業する意味がないですから。
posted by Slow Jam at 13:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

湿気との戦い

楽器にとって、一年の中でもっとも過酷な時期がやって参りました。

湿気との戦いです。

電子楽器はまあともかくとして、自宅にある3台のRhodes Pianoは湿気から守ってあげないといけません。今、私の横では除湿器がウワンウワン鳴りながら除湿中です。滴の落ちる音が頻繁に聞こえてきます。

私自身も湿気は苦手です。憂鬱になります。

もっとカラッとしないですかね。昨年の夏に行った札幌なんてカラッとしてて良かったよなー!
posted by Slow Jam at 00:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

Synthogy "Ivory"について書いてみる

scrn_main.jpg


一応はピアノ弾きの私。たまには楽器のことも書き留めておこうと思いまして、最初に取り上げるのが何故かソフトウェアの楽器である"Ivory"。これはパソコンがベーゼンドルファーとかスタインウェイになっちゃうというピアノ音源です。

正直なところ、ピアノに限っては本物のアコースティック・ピアノと肩を並べるような音源はハード/ソフトを問わずなかなかありません。それらを音源の個性として受け止めることで使っているのが現実でしょう。

しかし、このIvoryは本物を越えることは当然出来ないにしても結構肉迫したリアリティを持っていて、久々にやる気にさせてくれる音源です。ちゃんとピアノのボディがなっているアンビエンスも再生されるし、ペダリングも全部踏んだときと半分くらい踏んだときではサスティンの鳴り方が違います。感動しました。ペダリングについてはコントローラの方がちゃんと強弱の段階を認識できないと意味ないんですけどね。

scrn_velocity.jpg

scrn_effects.jpg


最近はこのIvoryでやる気が漲っている私ではありますが、ひとつ致命的な問題があるんです。それはシーケンサーと一緒に立ち上げようとすると「メモリーが足りんよ!」と怒られてしまうこと。実際には音は鳴るんだけど、ハードディスクに頻繁にアクセスするようになって音にプチプチノイズが乗ってしまいます。ガックリ。

やはりMac Proを導入して、Windowsは音源専門として扱うべきなのか、それともWindowsのOSも含めた設定を工夫すれば何とかなるのか・・・。いずれにしろ今の気持ちとしてはMac Pro購入の方向で決意が固まりつつある私。Logic Studioを走らせて、Ivoryを録音できたら気持ちいいだろうなー!と、想像だけで興奮するお馬鹿な私。

私のように所詮はドラムとベースにピアノかエレピを乗せておしまい、みたいな音楽には十分にその役割を果たしてくれそうな音源です。

次回はSpectrasonicsのStylus RMXについてでも書き留めてみます。
posted by Slow Jam at 22:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

Mac Pro購入計画

以前からMac Proを欲しいと思っていた私。昨日、Logic Studioという音楽用のソフトウェアが59,800円という安さで発表になっちゃって、ますます購入意欲が沸いてきました。このソフトウェアは今まで10万円位の価格だったので4割ほどの値下げですね。アップル、太っ腹です。

金はないのに物欲だけはたっぷりなので、いつも欲しい欲しい病が始まるとロト6や宝くじを買うんだけど当たらない。一方で今使っているMacは2001年に買った今となってはレトロなG4。もう買い換えても許されるだろう、と思うので、次のRevision UpしたMac Proを買っちゃいます! 奥さん、ごめん!

購入にあたっては定期預金を崩さないとな。貯金もそんなにないので心細いけど・・・。

本体でざっと35万円、メモリ増設等で大体10万円、ソフトウェアが6万円、それからオーディオインターフェイスのPCIカードをアップグレードするのにざっと5万円。占めて56万円!

やっぱビビるな!

どうしよう!

と思っているときが一番楽しい。
posted by Slow Jam at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

Mac Pro

iTunesのデータが160GBを目前にしておりHDDがもういっぱいいっぱい。更に2001年に購入したPowerMac G4では音楽制作環境としてはそろそろギブアップかな、とも思える状況。これはそろそろ新しいMacへの買い換え時なんでしょうか。買うならもちろんMac Pro

しかし、先日開幕となったAppleのWorld Wide Developpers Forumでは新しいMac Proに関するアナウンスが全くなく、これから数ヶ月のうちにスピードバンプしそうな予感。更にMacOS Xの新バージョンは秋にリリースされること等を考えると、やはり秋まで待った方が良いのかも、とも思えます。

そういえばMac Proのメモリって高いんですよね。それから今使っているPCIカードも交換しなくちゃ。あっ、Mac ProはインテルのCPUだからDigital Performerもアップデートしなくちゃ。いや、これを機会にLogicにしちゃおうかな。

こうやって妄想を繰り広げると、金はないのになんだか楽しい。メモリは最低でも4GBは載せたいし、HDDも500GBを4台入れちゃいたいし、AirMacはやっぱり必須だからApple Storeで買わなくちゃな、とか・・・。そうそうモニタも買い換えたいんだけど、Appleのは高いからDELLで我慢しようかな、とか・・・。

いずれにしろ、新しいMacOSがリリースされるまでは我慢します。

以上、妄想でした。
posted by Slow Jam at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

Rhodes MK7

ずいぶん前から情報をキャッチしていましたが、遅ればせながら書いておきます。あのRhodesが復活しました。復活にあたっては商標権の問題でいろいろ揉めていましたが、こうやって新しいのが発表されるなんて夢にも思いませんでした。音色はまさに往年のRhodesそのもの。感動。気になるのは値段です。高いんだろうな。



欲しい・・・。こちらは公式サイト。更新がノロいけど世界中にいるRhodesファンのためにも頑張って欲しいです。
posted by Slow Jam at 10:18| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ピアノ


Ricky Draperという人のピアノ。ウマイ!

こちらは第二弾。やっぱりウマイ!

これがRhodesの音色。でも録音状態があんまり良くないな。


こちらはサンプリングされたらしいRhodesの音色。きれいだけどエフェクトかかっててよく分からない。



Rhodesではないけど"Jocelyn Brown"の"Somebody Else's Guy"に合わせてピアノを弾く人。昔、似たようなことをよくやっていました。


で、こちらがその"Jocelyn Brown"の"Somebody Else's Guy"。そういえばここで書いたJason Rebelloの"Permanent Love"はこの人が歌っていました。


同じく"Jocelyn Brown"の"Somebody Else's Guy"。こっちはカラオケに合わせてクチパク?
posted by Slow Jam at 10:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマー


ウマイ!12歳だと。白い熊猫必見!



こういうのもありですな。


カワイイ!


この人はプロ。殿下の後ろでも叩いてましたね。曲も殿下のですが歌ってるのは誰?

posted by Slow Jam at 00:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

スタジオ完成

引越してから間もなく4ヶ月。ようやくすべてのスタジオ環境が整いました。

ヲタクの精神満開で紹介します。まずは全景。
Studio1.jpg


自慢のFender Rhodes Mark Iとストラト
rhodes1.jpg


続いてRhodes Mark IIとジャズベース
rhodes2.jpg


更にRhodes Mark VとNord Electro、EpiphoneのCasino
rhodes5.jpg


コンソール
console.jpg


ラック。上部にはENSONIQ ASR-XとRoland JP-8080。写真が変ですがクリックすればちゃんと表示されます。
rack.jpg


CDラック。Iさん、過日は本当にお世話になりました。無事組み上がりました。
cd.jpg


昨日マイクプリのMPA Goldが届き、ずっと結線しておりました。昔はこの倍くらいの機材があったので結線とか大変でしたが、今はかなりダウンサイジングしたのでラクチンです。MPA Gold、音が素直で大正解。よかったです。

もっと時間があれば、音楽三昧な生活を送りたいんですが、なかなかそうはいきませんねぇ。せめて練習くらいは毎日したい、というのが課題でもあり希望でもある今日この頃です。
posted by Slow Jam at 22:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

コンクリートブロック6つ

block6.jpg


奥さんの協力を得て、何とかコンクリートブロックを6つ購入。1つ90円。6つ買っても540円。意外と安い。でも重い。奥さん、手伝ってくれてありがとう。

本当はコレとかコレを買いたかったんだけど、高くて買えず、且つ費用対効果はどうなんだろうという疑問もあったので、ウチではコンクリートブロックがスピーカースタンドになりました。

音はまぁまぁ。特に変化なし。この「変化ない」のが重要。

さて、次のインテリア整理計画はCDラック。世田谷のここで棚板を4cm程カットしてもらいたいんだけど、持って行けず・・・。

Kくん、また車出せないかな?????
だめ???
posted by Slow Jam at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

国家公認ビンテージ楽器

PSE法という訳の分からない法律の副産物として、国家公認のビンテージ楽器が決められました。ビンテージ楽器を国が定めているなんて本当に不思議。

こういうのが発表されると自分が持っている楽器がビンテージがどうか確認したくなってしまいます。ということで確認しちゃいました。私の所有する楽器でビンテージなのは以下の通りです。

ART Dual MP
Clavia Nord Electro(2?)
ENSONIQ ASR-X
ENSONIQ MR-Rack
Line6 POD Pro
Presonus BlueTube
Rhodes Stage Mark II
Rhodes Stage 73 Mark V
Roland JP-8080

このリスト、不思議です。Clavia Nord Electroは、私はソフトウェアのアップデートで現在"Clavia Nord Electro 2"にはなっていますけど、ハードウェア自体は"Clavia Nord Electro 1"なんです。もともとPSE法は電気の安全だかなんだかをどうにかしたいわけですよね。ならばハードウェアを基準にして考えるべきだと思うので、是非とも"Clavia Nord Electro 1"も入れて頂きたいところです。

同様に、Rhodes Stage Pianoは入っているのにFender Rhodes Stage Pianoが入っていません。Line6のBass POD Pro、TC ElectronicのM one、Presonus BlueMAXも近しき機材が入っているのに含まれていません。一体どういう基準なんでしょうかね。もっとも重箱の隅を突っつき過ぎだとは思いますけどね。

それにしてもいろいろなビンテージ機材があるんですね。存在すら知らない楽器がたくさん載っています。さっさとPSE法なんか廃止しちゃえばこんなおかしなリスト作らなくてもすむのになぁ・・・。
posted by Slow Jam at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

セッティング

引越してから機材の組み立てが終わらないまま既に3週間が経過しました。そろそろいい加減に何とかしたい今日この頃です。こんなにセッティングに時間がかかっている理由は「配置場所が決まらない」のただ一つ。私がこんなに悩んでいるのですから、自宅に録音機材を揃えている人の中にも同じ悩みを持っている人が必ずいるはずです。

部屋の広さは273cm×280cmのおよそ正方形。但し一角が柱の関係でえぐれています。この部屋に2000枚収納のCDラックと、Rhodesピアノ3台、電子ピアノ2台、機材ラック1本にMacとPCを一台ずつ配置するのが条件です。これが難しいんです。

まずCDラック。これはカナダ製の「インチ」規格の家具で、そもそもが日本のサイズに合っていません。引越前は広いところに置けていたので困りませんでしたが、今回は幅が4cmだけ多くて置けません。そこで、幅を縮めるために木材カットを施す必要がありますが、素人が切ってもまっすぐ切れないし・・・・。困っています。これは世田谷にある加工屋さんに持って行けば切ってくれるんだけど、車がないから運べない(涙)

次にピアノ。どう置いても邪魔になってしまう配置になるんです。仕方ないのでCDラックの前に置いて、CDを取り出したいときはピアノをどかすような動きになります。どかす、といっても一台で70kgくらいあるから実際は大変なんだよなぁ。

3つめにはスタジオ・モニターの置き方。プロのエンジニアはセッティングに非常に神経を尖らせるようですが、私はもともとプレイヤー指向のためにそれほど神経質に考えてはいません。しかし、音を大きくすれば部屋に響いて「ビビリ」が発生してちょっと不愉快なのと、近隣への迷惑等もいろいろ考慮する必要があります。それから今回の引越を機に「モニタースタンド」なるものに置きたいと思うんですが、これがホントに高い。何故3万円とかしちゃうんでしょうか。不思議。

最後にパソコン2台のモニターとキーボード、マウスの設置。今までは純粋に1セットずつ使っていましたが、今後はキーボードとマウスについてのみ2セット使うのは難しい状況。切替器とか色々調べたけどキーボードとマウスだけを切り替えるのは1種類しかなさそうですね。安定性は大丈夫なんだろうか。しかも高いな。

果たして、自宅の機材セッティングはいつになったら終わるんでしょう・・・。先は長そうです。
posted by Slow Jam at 21:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

後ろ姿の美学

今日は法事のために川越方面へ。そして明日からいよいよ楽器(というか機材)の解体に着手します。一時期は50Unitを超える機材群があったのに、今は厳選して16U。だいぶ機材整理をしてダウンサイジングしてはいますが、ラックの背を這うケーブルを再度はめ直すと思うと、それだけで憂鬱になります。この作業をやっていると、ウチの奥さんは「三度の飯よりケーブル好き」と揶揄します。えぇ、確かにそうかもしれません。

ラックの背中は熱がこもりやすいため、如何にしてケーブルを束ねて通気性を良くする必要があります。さらに、電源系、音声系、データ系のケーブルを混在させずに束ねるのは結構頭を使う作業なんですよね。神経質な話かもしれませんが、電源系のケーブルと音声系のケーブルを一緒に束ねてしまうと、ノイズを拾ってしまったりするので、音質に影響があるんです。

幸い、今使っているラックはリアレールがついているので、そのねじ穴にケーブルストラップを通して束ねることが出来ますが、ケーブルの数が多いので団子状態になってしまうのが玉に瑕。後ろ姿とはいえ、美しくまとめたいので解体後はしばらく奮闘の毎日が続きそうです。
posted by Slow Jam at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

「手書き」の重要性

パソコンが普及して久しい今日この頃です。私もパソコンを使っていなかった頃に比べれば、手書きでメモを取ることがめっきり減ってしまいました。職場では電話の言付けすらもペンを使わず、キーボードを使っていますし・・・。

でも、最近実感しています。やはり手書きの方が脳に強くインプットされるんだなと。私がアナログな人間だからそう思うのかもしれません。

折しも年末が近くなり、文房具店の手帳売場には多くのお客さんがあれこれと選んでいます。昨年からだとおもいますが「手帳に書けば実現する/夢が叶う」みたいなことが書かれた本も売られていますね。あの手の本は読んでませんが、言わんとしていることは何となく分かります。きっとキーボードでタイピングするのでは実現しないんだと思います。

私もその手の本に感化されて、今年の春からシステム手帳をまた使い出しました。今までは途中でメモすることがなくなってしまっていたのに、今年は記憶力の低下も手伝って、今日までちゃんと記しています。スケジュール、やらなければならないことはもちろんのこと、先述の本の類にはきっと書かれているであろう「●●したい」とか「●●する決意」とかも記しています。それらを記したページを見ていると、何となくですが無意識のうちにやろう、と思うんですね。それがさらに無意識のうちに「どうしたら出来るか」って考えているんだと思います。

話がそれますけど、春に買ったシステム手帳は途中で投げ出すことのリスクヘッジで安いものを買ってしまいました。2年連続システム手帳のバインダーを買うのはどうかと思いますが、今度はFiloFaxの良いヤツを奮発して買おうと思います。で、色々調べたFiloFaxの値段、どうやら日本の輸入元はかなりぼったくるようで、海外で購入する価格のおよそ倍の値段が付いていました。これは個人輸入している人から買った方が断然安いですね。

話を戻して・・・、手書きのメリットは、楽器演奏にも同じ事が言えると実感しています。電子ピアノを弾いている時と、全く弾けないながらもギターを鳴らしているときでは、長いことやっているピアノよりもギターを弾いている方が楽しいんです。それはエレキギターと言えども、弦をはじく行動が直接発音するからだと思います。電子ピアノは、鍵盤を弾いても音の強弱が電子的に処理され、予め蓄えられたメモリーにある音色を出しているに過ぎませんから。

手帳は小さいし、ちょっとお金を出せば買えるものの、さすがに生ピアノは置き場がありません。日本の、特に首都圏の住宅環境はピアニストには少々酷な環境なのかもしれません。少なくともウチはそうです(泣)。

以上、散漫ながらも思っていること。

posted by Slow Jam at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

コルグM1復活

いやぁ、迷っています。

かつて売れに売れまくった初のPCMシンセ"M1"がソフトウェアとして復活するようです。しかも5日に発売だとか・・・。

私は鍵盤付きのは持っていませんでしたが、音源モジュールを持っておりました。今思えば決してリアルとは言い難いクオリティですが、味があって良かったし、プリセットパッチの"Universe"は本当に好きだったんだよなぁ。今でも渋谷のロフトでこのパッチの音が流れてますよ。

買うか買うまいか・・・。値段も19800円と安いしな・・・。
posted by Slow Jam at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

さよならRhodes

Rhodes。フェンダーローズなんて呼ばれたりもするエレクトリック・ピアノの名機。この音を聴いたことがないひとはいないでしょう。それくらい愛されている楽器です。

今回、本当に断腸の思いでRhodesをオークションに出品しました。私はこの他にもRhodesを3台持っており、引越先でRhodesを4台置くことが出来ないからです。

でも寂しい。メンテナンスやなんだかんだで一番手を掛けたRhodesです。だから思わず高めの値段設定にしてしまいました。これ以上安く売ることはちょっと出来ないですよ。それだけ愛情があるから・・・。

どなたか、この楽器の価値を分かっていただける方、大切にしていただける方に落札頂きたいものです。
posted by Slow Jam at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギターの弦

Guitars.jpg


写真はウチのギターさんたちです。

2本もあるのにまったく弾けません。

そんなギターですが今日2年ぶりくらいに弦を張り替えました。新しい弦は音に元気があって気持ちいいですね。って弾けないですが。
弦の張り替えも全然手慣れておらず、結局2時間くらい掛かってしまいました。もっと簡単に交換できないかな、とウェブで調べたら、「ストリングワインダー」なるものがあるんですね。でもペグをくるくるさせるだけでヘッドのところに容易に取り付けるものではなさそうです。とはいえこういうのがあると一気に巻けそうなので今度買ってきます。

さてギターについてちょっと紹介します。

アーチトップのタイプはエピフォンのCasinoというモデルで、実は5年前の結婚を記念して、奥さんから頂きました。

もう一本はフェンダーのストラトで、モデルは分かりません。Casinoを夜中に練習するとうるさいために買いました。

結婚の記念に貰ったこともあり、死ぬまでにはそこそこでも弾けるようになりたいのですが、なかなか練習の時間も取れず、現実は厳しいものがあります。

でもギターって本当に難しいです。ピアノの方がよっぽど簡単です。ギターだとコードが押さえられないんです。もともとピアノを弾き、興味本位でベースを弾き始めた私には、ベースのように単音を弾くのはなんとか指が動きますが、コードを押さえるのはもちろん、コードチェンジなんて至難の業です。

どうやったら上手くなるんだろう・・・。
posted by Slow Jam at 01:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。